忍者ブログ

情弱のメモ帳

自分で調べたり,試したことの覚え書きです

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

AviUtl導入 エンコードの最低設定(主にtsファイル) 前編

2012-02-22(水)記述
 
AviUtl 導入~設定~使い方まとめ

アニメのエンコード用にAviUtlを使っているのですが,
ちょうど比較動画作成用のreadme作るので,ついでにブログに起こします.
という訳で,何度かにわけてAviUtlの使い方メモです.
 
AviUtlとは動画にフィルタを掛けて映像を綺麗に補正しつつ,
エンコードするためのソフトです.
色々とプラグインを集める必要があるので,
自称中級者以上向けのソフトだと思います.
 
目的
AviUtlでtsファイル(やその他動画ファイル)を読み込んで,エンコードしてmp4ファイルを出力
前編では実際のエンコード直前までの準備を書きます.
 
今回の内容
  ・AviUtl最低設定のために色々収集作業
  ・AviUtlの準備
  ・初期設定
 
 
■□■AviUtl最低設定のために色々収集作業■□■
AviUtlでひと通りの動画ファイルの入力と,x264を使ってmp4ファイルとして出力するところまでの
最低限エンコードに必要なものを集めます.

 
・AviUtl本体
AviUtl (今回はaviutl99k2.zip)
  動画を編集するためのソフト
  入手先:http://spring-fragrance.mints.ne.jp/aviutl/
  必要な物:”aviutl.exe”,”aviutl.vfp”

 
・入力用プラグイン
MP4Plugin (今回はMP4Plugin_20100306.rar)
  MP4ファイルを入力とするために必要
  入手先:
    公式リンク(多分つながらない) http://seraphy.fam.cx/~seraphy/pg_mod.html
    ミラーリンク http://xvidcodec.blog24.fc2.com/blog-entry-114.html
  必要な物:"mp4input.aui"
 
・MPEG-2 VIDEO VFAPI Plug-In (今回はm2v_vfp-0.7.5a.lzh)
  aviutlでm2vファイル(mpeg,ts)を扱うためのプラグイン
  入手先:http://www.marumo.ne.jp/mpeg2/
  必要な物:”m2v.vfp”,”m2vconf.exe”
 
・DirectShow File Reader プラグイン for AviUtl (今回はds_input026a.lzh)
  WindowsMediaPlayerなどで再生出来るファイルをAviUtlでも読み込むことが出来る
  コーデックパック(k-liteとか)を導入していれば,大抵の動画を読み込めるようになる
  入手先:http://www.tenchi.ne.jp/~yoko/aviutl/index.php?DirectShow%20File%20Reader%20%A5%D7%A5%E9%A5%B0%A5%A4%A5%F3%20for%20AviUtl
  必要な物:"ds_input.aui",”ds_input.ini”
 
・出力用プラグイン
x264guiEx (今回はx264guiEx_1.32.zip)
  x264 MP4で出力するために必要
  拡張 x264 出力(GUI) 改造版
  入手先;公式?http://rigaya34589.blog135.fc2.com/
      http://xvidcodec.blog24.fc2.com/blog-entry-152.html
  必要な物:”x264guiEx.auo”,"x264guiEx.ini"
 
・その他出力に必要なもの
映像用のエンコーダ x264 (今回はx264-r2146-2_win64_lsmash.zip)
  エンコードに必須
  OSに合わせて"32bit 8bit-depth"が"64bit 8bit-depth"をダウンロード(今回は64bit用で書きます)
  入手先:公式http://x264.nl/
      個人がビルドしたものhttp://pop.4-bit.jp/(今回はこっち使用.個人的にこちらが好きなので)
  必要なもの:"x264.r2146_win64.exe" (公式で落とすとバージョン名とか関係なく"x264.exe"という名前のはず)
 
音声用のエンコーダ neroAacEnc (今回はNeroAACCodec-1.5.1.zip)
  音声をaacにする場合に必要(私は使わないのですが…,一般的には使う人が多いかなぁっと)
  ↑メールアドレスが必須ですが,10 Minute Mailなどの捨てアドレスサービスで問題ありません(使う側としてはね…)
  必要なもの:"neroAacEnc.exe"
 
Muxer tc2mp4Mod (今回はtc2mp4Mod20080617.7z)
  自動フィールドシフトを使用したmp4を作成する場合に必要
  入手先:公式http://vfrmaniac.fushizen.eu/OtherStuff/(たぶん繋がらない)
  必要な物:"tc2mp4Mod.exe"
 
Mp4Box (今回はMP4Box-0.4.6-rev2735.zip)
  映像と音声を合成するために必要
  必要な物:"MP4Box.exe","js32.dll"
 
・tsファイルを扱う場合に必要なもの
※aviやflv,mp4を入力とする場合は不要なはず
BonTsDemux (今回はBonTsDemux0110.zip)
  TSファイルから映像(m2v)、音声(aac)を分離する
  入手先:http://2sen.dip.jp/dtv/
  必要な物:"BonTsDemux.exe"
 
FakeAacWav (今回はup1009.zip)
  AviUtlではaacファイルを読み込めないので,偽装wavに変換して
  AviUtlに読み込めるようにして,無劣化で音声を編集するために必要
  必要な物:"FAW.exe","fawcl.exe"
 
 
■□■
AviUtlの準備
■□■
好きなディレクトリに"Aviutl99k2"フォルダを作成
(まぁ好きなフォルダ名でいいのですが,今回はこの名前で)
ここでは"D:\Soft\Aviutl99k2"にします.
 
"Aviutl99k2"フォルダ内に
  上の"AviUtl本体"で収集した"aviutl99k2.zip"から"aviutl.exe","aviutl.vfp"をコピー

  さらに"Plugins"フォルダを作成(このフォルダ名これじゃないとダメ)
  あと"x264 GUI EX"フォルダを作成(こっちは名前違ってもok,ホントはディレクトリ違ってもok)
 
"Plugins"フォルダ内に上記の"入力用プラグイン"と"出力用プラグイン"の必要な物をコピー
  "MP4Plugin_20100306.rar"から"mp4input.aui"をコピー
  "m2v_vfp-0.7.5a.lzh"から"m2v.vfp","m2vconf.exe"をコピー
  "m2v.vfp"を"m2v.aui"にリネーム(重要)
  "ds_input026a.lzh"から"ds_input.aui","ds_input.ini"をコピー
  "x264guiEx_1.32.zip"から”x264guiEx.auo”,"x264guiEx.ini"をコピー
 
"x264 GUI EX"フォルダに上記の"その他出力に必要なもの"と"tsファイルを扱う場合に必要なもの"の必要な物をコピー
  ”x264-r2146-2_win64_lsmash.zip”から"x264.r2146_win64.exe"をコピー
  "NeroAACCodec-1.5.1.zip"から"neroAacEnc.exe"をコピー
  "tc2mp4Mod20080617.7z"から"tc2mp4Mod.exe"をコピー
  ”MP4Box-0.4.6-rev2735.zip”から"MP4Box.exe","js32.dll"をコピー
  ”up1009.zip”から"fawcl.exe"をコピー

 
■□■初期設定■□■
"Plugins"フォルダ内の"m2vconf.exe"を起動,以下のように設定します.
CPU拡張は一応すべてチェック,最近のPCなら大抵使えるはずです.
この設定をやらないと入力動画にノイズが載って汚くなります.(tsファイルに関してだけの設定ですが…)

"Aviutl99k2"フォルダ内の"aviutl.exe"を実行,以下のように設定します.
[ファイル]→[環境設定]→[システムの設定]
  最大フレーム数 1桁増やす
  リサイズ設定の解像度リスト :" ,1920x1088,1280x720,1440x816,960x544,480x272 "を追加
 
[ファイル]→[環境設定]→[入力プラグイン優先度の設定]
以下のように設定します.
DirectShowプラグインなら大体のファイルは読み込めますが,
基本的には専用のプラグインを優先します.
 
[ファイル]→[環境設定]→[ショートカットキーの設定]
     「 [編集][選択範囲のフレーム削除] 」に[Delete]キーを設定
  (CMカットに便利なので)
 
 
 
ちなみにaviutlを起動すると,実行ファイルと同じディレクトリに
”aviutl.ini”,”aviutl.sav”,"aviutl.key",”デフォルト.cfg”が生成されます.
必要なものなので消さないように
”aviutl.ini” :上でやった環境設定などの情報
”aviutl.sav”,"aviutl.key" :知らん
”デフォルト.cfg” :どのフィルタを使うかのon/offの設定情報
 
今回はここまでです.
エンコードなどの作業は後編でやります.
 
"AviUtl エンコードの最低設定(主にtsファイル) 後編"へつづく
 
 

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 情弱のメモ帳 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新CM

[04/27 須田]

最新TB

プロフィール

HN:
ntaakkaa
性別:
男性
趣味:
PC・ネット
自己紹介:
ネット依存の情報弱者です.
調べたことなどを書いていく予定
Twitter:ntaakkaa

バーコード

ブログ内検索

P R